『音楽の日』で3ショット披露後、中居正広からのメールにKinKi Kidsの2人も感激

SMAPの中居正広さんが司会を務め、7月16日に放送された大型歌番組『音楽の日』。

スポンサーリンク




出演したKinKi Kidsが「ジェットコースター・ロマンス」を歌っている際に、堂本光一さんが舞台端で聞いていた中居さんの方に向かって歩き出し、手拍子をする中居さんと光一さんが並んでテレビに映されていました。

その後、光一さんは自分の歌パートを終えてステージに戻ろうとするが、剛さんが中居さんのもとへ近寄り、中居さんを挟むようにして3ショットが実現。

歌の途中、中居さんが恥ずかしさからか、光一さんの頬を軽くビンタし、2人が笑い合う光景を見た視聴者からは、後輩と先輩の久々の共演に「ほっこりした」「感動した」といった声が上がっていました。

中居とジェットコースターロマンス

3ショット実現の裏に・・・

8月22日深夜放送のラジオ『KinKi Kidsどんなもんヤ!』では、リスナーから「2人の行動はアドリブだったのか」という質問が寄せられました。

光一さんは「歌ってる時に、ぱっと横を見たらですね、中居くんがMC台のところに立ってらっしゃったので、これはもう行くべきかなと思ってしまいまして」と、思いつきの行動だったと説明。

とはいえ、「剛くんが歌ってる時に行ってしまうと、せっかく剛くん歌ってんのにそっち側(自分と中居)が抜かれるっていうのもアレかなあと思って、自分のパートになるまで待って行ったんですね」
と、プロ意識の高い光一さんならではの配慮もちらり。

剛さんは「(光一が)戻ろうとしたから、いやいや戻らなくていいよと思って。
やっぱお兄ちゃんとね、せっかくの3ショットを。
これまた安住さんが、スッと捌けてくれはったのにも、愛情とかいろいろ感じましたね」
と、中居さんと共にMCを務めた安住紳一郎アナウンサーの配慮について言及していました。

スポンサーリンク




貴重な楽しい時間だった

また、剛さんは「僕らね、『Myojo』でね、中居くん真ん中で表紙撮らしてもらったりとか、いろんな3ショットの思い出がいっぱいありますから。
なんかちょっとその感じが蘇ってきて。
すごい貴重な、楽しい時間だったなと思いますよ」と懐かしんでいました。

収録後、2人とも中居さんから「ありがとうな」というメールをもらったそうで、光一さんと剛さんはとても喜んでいました。

剛さんは「ああいう音楽番組のバックステージとかで、お兄さん方とご一緒できるから。
その時に歩み寄って行って、『おはようございます』って言うて。
そういう時じゃないと、なかなかお会いできへんから。
そういうのも含めて、この『音楽の日』はとてもなんか、楽しかったですね」と当時を振り返りました。

同じジャニーズ事務所でも、それぞれが活躍し、多忙になっていく一方で、なかなか共演タイミングがない彼ら。

特に『音楽の日』では、中居さんが司会を務めながらもSMAPがグループとして出演しないことにファンは落胆していたため、KinKi Kidsとの絡みは双方のファンにとってもひと時の癒やしになっていました。

やっぱり両グループの絆は固いですね( *´艸`)

スポンサーリンク