【やっと木村拓哉のヒロイン役が決定!】竹内結子ともに主演ドラマ「零に挑む」で高視聴率を狙う!

来年1月期にTBS日曜劇場枠で放送されるキムタク主演ドラマ「零に挑む(仮題)」のヒロインが、竹内結子さんに決定したとのことです。

スポンサーリンク




脇役も主役級なのに…

さらに、松山ケンイチさんや木村文乃さん、浅野忠信さんなどの主役級に加え、山崎努さんや笑福亭鶴瓶さんといった大御所がズラッと並ぶ超豪華なキャスティング。

さすがキムタク…といいたいところですが、物語で極めて重要なカギを握る配役が決まらず、撮影が開始できずにいるという噂です。

本日発売の週刊新潮によると、キムタクは腕に自信のある脳外科医役で、かつての恋人だった院長夫人から彼女自身の手術を依頼されるところから物語は始まるとのこと。

この院長夫人がヒロインの竹内結子さんなのですが、この夫で院長役のキャスティングが難航中。

この役はキムタク演じる主人公とは三角関係に陥るという、ストーリー上とても重要な役。

9月末には江口洋介さんにオファーを出したものの、あまりにギリギリだったこともあって断られ、現在は振り出しに戻ってしまったといいます。

江口さんは「白い巨塔」や「救命病棟24時」など、大ヒットとなった医療ドラマで活躍していたイメージがありますし、確かに適役だと思います。

ちなみに、このドラマのプロデューサーは小渕優子元経済産業大臣の夫でもある瀬戸口克陽さん。

これまで「花より男子」や「華麗なる一族」「GOOD LUCK!!」などの大ヒットを連発し、SMAPや嵐の大躍進に大きく貢献した実績があるため、ジャニーズ事務所からの信頼も厚いと言われています。

さらに脚本は、松嶋菜々子さん主演の「救命病棟24時」で高視聴率を叩き出した大御所・橋部敦子さん。

TBSとしては鉄壁の布陣で臨んでいることもあって、あとは“院長役”さえ決まればヒット間違いなしといったところのようですが、果たして誰になるんでしょうか?

てか、今からオファーって遅すぎません( ;∀;)??

スポンサーリンク