【キスマイ玉森裕太が「めざまし」でJUMP伊野尾慧と共演!】「よそよそしくて悲しかった」?

次世代のジャニーズを支えるグループとして注目されているHey!Say!JUMPとKis-My-Ft2。

スポンサーリンク




ジャニーズJr.時代はバラバラに活動し、ジャニー喜多川社長の一声で結成・デビューとなった“エリート”Hey!Say!JUMPと、前身のKis-My-Ft.時代から数えると7年を要してデビューに至った苦労人のKis-My-Ft2は、グループとしての歩みも個性も異なります。

最近では、7月23日~24日放送の『FNS27時間テレビフェスティバル!』でバラエティ番組初共演を果たし、話題となっていました。

不仲説はただの噂!?

「QLAP!」(音楽と人)2016年9月号では、Kis-My-Ft2の玉森裕太さん、宮田俊哉さん、千賀健永さんが、同番組の裏話と、ライバルであるHey!Say!JUMPとの実際の仲について明かしています。
 
千賀さんは「『JUMPはイケメンぞろいなので、ブサイクと言われることはない』っていう伊野尾さんのコメントに、横尾さんが怒ってたからね~(笑)」と、

VTR収録中のエピソードを明かすものの、千賀さん自身は「オレは怒ってないよ。だって、JUMPカッコイイじゃん」と気にしていないようです。

宮田さんもこれには同意見で、「しかも会えばよく話すし、昔から仲良いよね?」と不仲説を否定していました。

また、千賀さんはよく山田涼介さんとオンラインゲームで遊んでいるそうで、宮田さんも山田さんの連絡先を知っているとのこと。

同番組のオンエアでは、対決に敗れたHey!Say!JUMPに対して宮田さんが
「いつでも待ってるから!」
「いつでも来いよ!」と声をかけ、

山田さんが「悪いけど、眼中にねーから!」と返すやりとりがファンの間で物議を醸していました。

しかし、同誌で宮田さんは「子供の頃山田と(中島)裕翔とよく一緒に帰ってたしね。懐かしいな~」と語っており、同時期にJr.として過ごした絆は何年経っても変わらない感じです。

大人になったことでよそよそしく?

一方の玉森さんは、「オレは、小さい頃はいのちゃんと一緒に帰ってた。

でもさ、この前久々に『めざましテレビ』で共演したの。

そしたらお互いに若干よそよそしくて、ちょっと悲しかった。

いのちゃんもオレも大人になっちゃったのかな~」と、

久々の再会で距離が開いたと感じたとのこと。

すると千賀さんが「久々だからお互い緊張してたのかね?

でもこれから共演が増えたりしたらまたすぐ昔みたいになれるでしょ」と励ましていました。

Jr.の頃との関係の違いに戸惑うメンバーもいるが、千賀さんは「でもJUMPとの絡み、今後も増えていったらうれしいね」とコメント。

宮田さんも「どんどん絡んで、最終的には、山田の力でオレも(山田主演の)映画『鋼の錬金術師』に出してほしい!」と、個人的な仕事の縁も望んでいるようでした(笑)

また8月7日に行われた『Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR 2016 I SCREAM』東京ドーム公演最終日には、Hey!Say!JUMPの知念侑李さんと薮宏太さんが訪れていたとのことです。

Hey!Say!JUMPとKis-My-Ft2には、今後も切磋琢磨しつつも、いつまでもグループの垣根を越えた交流を続けて、一緒に番組とかしてほしいものです(*´з`)

スポンサーリンク