【コールしたのにダブルアンコなし】松本と櫻井の一言に嵐ファンがピリピリモードに

4月23日から行われた嵐のコンサートツアー『ARASHI “Japonism Show” in ARENA』が、8月10日に最終日を迎えました。

スポンサーリンク




「嵐コール」の少なさに不満?

2007年に行われた『SUMMER TOUR 2007 FINAL Time -コトバノチカラ-』以来、約9年ぶりのアリーナツアーとあって、各所で大盛況だった今回のツアー。
しかし、最終公演が行われた横浜アリーナに足を運んだファンの間では、“嵐コール”をめぐって論争が巻き起こっており、ピリピリムードが漂っているようです。

“嵐コール”とは、開演前にファンから自発的に起こる掛け声のこと。
嵐だけでなく他のジャニーズグループ、ひいては多くのアーティストのコンサートでも、グループ名を叫ぶなどのオリジナルコールがある場合が多いです。
会場を盛り上げ、ファンが一体となるためにも重要なものですが、10日の横浜アリーナ公演1部(12時開演)では、“嵐コール”が非常に少なかったとのことです。

1部に参加した複数のファンが「嵐コール小さい」「いつもより少なかった」とレポートしているように、嵐コールはあったものの盛り上がりに欠けた様子だったとのことです。
また、「開演時間の直前までコールが始まらなかった」「声がそろわなかった」という指摘をしているファンの声も。。。
そして、松本潤さん、櫻井翔さんから“嵐コール”が少なかったことについての言及があったようです。

松本さんが「みんな携帯とかスマホとか持ってますよね?」と切り出すと、1部の“嵐コール”が少なかったことが既にネット上で話題になっていると指摘しました。

櫻井さんは「別にボクらは強制してないのよ?」と言いつつも、「『あーらーしー』って聞こえるとうれしいのよ、言ってもらって申し訳ないんだけど!」と、冗談交じりではあるが、素直な気持ちを漏らしていました。
松本さんは続けて「オレら待ってるときマジで聞こえなくて。『あれ? 人いないのかな?』って」と、“嵐コール”がないことを不安に思ったことも明かしていたようでした。

スポンサーリンク




ファンの反応もさまざま

これについて、「嵐コール小さかったの申し訳なかったなー……」
「やっぱり“嵐コール”してほしいんだよね。もっとがんばればよかったなあ」
と反省の色を示すファンもちらほら。

しかし、多くのファンは松本さん、櫻井さんが「コールが少なかった」と発言したことについて引っかかりがあるようで、
「1部のときの嵐コールのこと、持ち出さない方がよかったんじゃないかな………もし自分が1部入ってたら悲しくなるな」
「コールって強制じゃないでしょ。あって当たり前っていう精神がわからん」
「1部入ったけど、今までのコンサートの中でダントツ楽しくなかったですよ!そら、嵐コールも起こらないわ」
「『聞こえなかったんだけど』と求める姿勢ではなく、『なぜしてもらえなかったのか』を考える姿勢であってほしい」
と、厳しい意見が飛び交っています。

嵐コールがんばっても。。。

松本さん、櫻井さんの発言を受け、2部は開演前から大きなコールが飛び交っていたようです。
またアンコール後には、ダブルアンコールを求める“嵐コール”が始まったようだが、結局嵐はその後出てこずにまさかの終演。
これには櫻井さんが日本テレビ系のオリンピックキャスターを務めていることが関係しているのでは、という見解もあるようですが、
「MCで前フリみたいなこと言っといて、ダブルアンコしないとか……」
「ダブルアンコ目指してコールがんばったのに、時間返して欲しい」
「事情があったかもしれないけど、少し顔出すぐらいはしてほしかった」
と、この対応をめぐってもファンからは不満の声が上がっているようです。

うーん。。
次のスケジュールが押していたのであれば、仕方ないかもしれませんが。
松本さんや櫻井さんが「コールしてもらえるように最高のステージにします!」とかリップサービスでもしていたら、また違った反応だったかもしれませんね。

世代交代の噂がささやかれている嵐。
更には熱愛報道もちらほら出ているとなれば、ここはひとつ初心に戻って活動してみるというのが一番かもしれませんね。

★「SMAPと嵐の時代は終わった!?Hey! Say! JUMPとSexy Zoneに世代交代の噂」の記事はコチラから

スポンサーリンク