【ジャニーズの不祥事か!?】超人気アイドルが起こした17歳少女の妊娠スキャンダル!父親はダレ!?

超人気アイドルグループのメンバー3人が「パーティー」を開き、その場にいた当時17歳の少女を妊娠させたというトンデモないスキャンダルについて、東スポが詳細を報じています。

スポンサーリンク




所属事務所は「まだ事態を把握していない」そうで、下手するとグループ解散、事務所追放も現実的になってしまうかもしれないとか。。。。

芸能界に取り巻く闇

[以下引用] 今年2月ごろ、超人気若手グループのメンバーA、B、Cが男友達と東京・目黒のバーでいわゆる合コンを開いた。

男性陣はこの3人に加え、某芸能人夫婦の息子Dと、イケメンフリーターのE。

「女子は7~8人で、女子大生とか美形アイドルグループのメンバーも2人来てたって。

顔の広いAとDがいろんなとこから呼んできた。

この場が初対面となる女の子同士もいたそうですよ」とは、参加女性の知人だ。

1次会で盛り上がった一行はタクシーに相乗りし、新宿区の高級マンションへ移動。

広めの1LDKの部屋にAが住んでいる。

場所を変え、2次会のスタートだ。

ところが、女性陣は徐々に帰り、最終的に残ったのは20歳すぎの女子大生と、彼女が連れてきた当時まだ17歳の少女の2人だけだった。

夜も更け、飲み会は次第に怪しい雰囲気に。

「負けたらテキーラとかウオツカ、イエーガーなんかのショットを飲むゲームをやってたら、17歳の子が潰れちゃったんだって。

Eがその女子大生とイチャつき始めたあたりから、始まったみたい」
(前出知人)
[東スポ]

本当にあるんですね、こういうのって(´・ω・`)

記事によると、口火を切ったEとCは女子大生、A、B、Dはリビングで酔い潰れた17歳少女と関係を持ったといいます。

その少女は「Aらが所属するグループのファンでも何でもない」そうで、男性陣が起きた時にはすでに女性二人はいなかったそう。

未成年飲酒に淫行というのは立派な犯罪行為ですが、3か月後にはこの17歳の少女が妊娠していることが発覚。

当初、A、B、Cは「オレたちが芸能人だと分かって、金目当てでウソを言ってるんだろ」と高を括っていたそうですが、少女は代理人を立て示談金を要求するといったことはしておらず、どうやら偽装妊娠や美人局ではないようです。

それどころか、「私の気持ちも考えず、よく“金目当て”なんて言えますね!」とショックを受けていて、周りの反対を押し切って産む気なんだとか。

すでに時期的にも中絶することはできないようなので、これはかなり困った展開なのでは?

もし真実だとしたら大問題ですよ、これ。

彼らの所属事務所はこの事態をまだ把握していないといいますが、きっと今頃は“容疑者”を集めて厳しい事情聴取が行われていることでしょう。

スポンサーリンク




[以下引用] 妊娠した少女が一番知りたいのは、「父親はだれか?」ということ。

酔い潰れた少女に記憶はなく、男性陣も泥酔状態、しかも部屋は薄暗く、みんな記憶があいまいなのだという。

AとBは2人とも避妊しなかったことは自覚しているが、詳細については「覚えてない」「分からない」と言うのみ。

Bは行為があったことすら覚えてないという。

カップルに便乗した後すぐ寝てしまったCも、「現場にいたからヤバイよな、俺」と焦っているというが、その比ではないくらいテンパっているのがAとBだ。

Aは「事務所にバレたら、俺がメンバーから抜けるか事務所をクビになるか。

ヘタしたらグループ解散かも」と最悪の事態まで想定。

グループの“顔”的な存在のBも腹をくくり

「被害者ヅラはしてません。

『そういう場所にいて帰ればよかった…』と、かなり後悔している」と、前出の知人は明かした。
[東スポ]

問題は「犯人は誰だ?」ということになりますよね。

東スポのシルエットから推察するに向かって左から「岡本健一、伊野尾慧」「山田涼介」「薮宏太」という名前が多く見られます。

なぜかHey! Say! JUMPばっかりですね(´・ω・`)

そんなグループメンバー同士でそういうことしますかね。。。?

もちろん、男性アイドルグループはジャニーズ以外にもありますが、シルエットを使っている限り、ジャニーズかなー、と。。。

また、Dは芸能人夫婦の息子ということですが、これについては森進一さん・森昌子さん夫婦の長男で元NEWSメンバーだった森内貴寛さんの名前が挙がっています。

今後、週女や文春、新潮といったジャニーズに“配慮”しないメディアによる後追い報道が続けば、とんでもない事態になることは確実。

さらに、少女が本当に子供を産んでDNA鑑定を要求してきたりすれば、ファンの心情を考えてもグループ存続は無理でしょう。

SMAP解散騒動もまだまだ落ち着いていませんし、本当に帝国崩壊の危機に立たされているのかもしれません。

スポンサーリンク