【ジャニーズWEST・濱田崇裕】映画初出演作で関ジャニ∞横山裕と共演!【コメント到着】

ジャニーズWESTの濱田崇裕さん(※「濱」は正式には「ウかんむりに眉の目が貝」)が、佐々木蔵之介さんと関ジャニ∞の横山裕さんが主演を務める「破門 ふたりのヤクビョーガミ」で映画初出演を果たすことが、17日放送の関西テレビ「関ジャニ∞のジャニ勉」で明かされました。

スポンサーリンク




濱田さんは、「『ジャニ勉』で発表させて頂けるとは思っていませんでした。
それも横山くんと一緒に発表、というのもとても嬉しいです」と喜びをあらわにしました。

同作は、佐々木さん演じるイケイケなやくざ・桑原と、横山さん演じるぐーたら貧乏の建設コンサルタント・二宮の凸凹コンビが、映画製作出資金を持ち逃げした映画プロデューサー・小清水隆夫(橋爪功さん)を追いかけ奔走する追走エンタテインメント。
濱田さんは、桑原の弟分・木下を演じます。

横山裕が「何かと気にかけて下さいました」

撮影中の様子を振り返り、「横山くんは初めての映画出演で緊張している僕に、撮影の合間に何度も話かけて下さったり、僕がクランクインの時も記念に写真を撮って下さったり、何かと気にかけて下さいました」と横山さんの優しさを紹介した濱田さん。

一方、小林聖太郎監督は「『めっちゃ緊張してます』と話す姿が新鮮でした」と濱田さんと初めて対面した時のことを回顧。
「常に全力で吸収しようとする姿は好感がもてるとともに、木下という役にダブって見えました」と語っていました。

「多くの人たちに見て頂きたい」

濱田さんは「映画は勿論、横山くんとのシーンもあるのですが、僕は(佐々木蔵之介さん演じる)桑原の弟分の役だったので、佐々木さんと一緒のシーンが多かったんです。
大乱闘のアクションシーンもあって、そこは普段の僕ではない、「男、木下」っていう感じです(笑)。
笑いもある映画なので、多くの人たちに見て頂きたいと思っています。 」と映画について語ってくれました。

スポンサーリンク