【伊野尾慧がキーマン!?】早くも犯人説が浮上!?「そして、誰もいなくなった」

毎週日曜22時30分~放送の日本テレビ系ドラマ「そして、誰もいなくなった」初回視聴率10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に出演している伊野尾慧さんが出演されていて、早くも犯人説が浮上しているようです。

スポンサーリンク




伊野尾人気の勢いがスゴイ!

2016年に入り、「メレンゲの気持ち」、「めざましテレビ」のへのレギュラー出演が決まるなど、飛躍的に露出が増えているHey!Say!JUMP伊野尾慧さん。

2017年には主演映画「ピーチガール」の公開も控えており、俳優としても活躍の場を増やしています。

2015年の「戦う! 書店ガール」以来約1年ぶりの連続ドラマ出演となる伊野尾さんですが、17日にスタートした「そして、誰もいなくなった」は本格ミステリードラマ。
初回視聴率は10.7%と、ギリギリ2ケタにのったという結果にはなりましたが、謎が深まる今後の展開にあわせ、視聴率の伸びにも期待です!(^^)!

第1話を振り返る

ドラマの主人公・藤堂新一(藤原竜也さん)は、ネット上に拡散した画像などのデータを消去することが出来る画期的なソフトを開発した優秀な技術者。
結婚と同時に子どもも授かり、順風満帆な人生を送るはずだった。
しかし、藤堂が勤める会社から突然「おまえは藤堂新一を名乗って潜り込んだニセモノではないか?」という疑いをかけられてしまう。
真相を探ると、国民一人ひとりに割り振られた“パーソナル・ナンバー”を使って藤堂になりすましている人物がいることが発覚。
動かぬ証拠を手に入れ、事件は解決すると思われていたが……。

そして、誰もいなくなった

スポンサーリンク




謎めいたバーテンダー役でギャップ萌え

伊野尾さんは、主人公の藤堂行きつけのバー「KING」の経営者でバーテンダーの日下瑛治役を演じています。

藤堂になりすました人物を特定するのに一役買った友人、小山内保(玉山鉄二さん)から“相談”を持ちかけられてから、それまで藤堂に好意的だった日下の様子が変化していきます。
陰りのある笑みや、なにかを隠そうとする姿は、普段の明るく朗らかな伊野尾さんからは想像しづらく、その二面性に惹かれるファンも多いようですね。

さらに、日下にはさっそく“犯人説”が浮上しているようです。
藤堂が何者かによってビルの屋上へ追い込まれてしまう第1話の冒頭シーンで、藤堂を脅迫する声が白いスピーカーから流れます。
ボイスチェンジャーによって声は変化しているが、スローモーションで音声を聞くと、伊野尾さんの声、すなわち日下の声に類似しているという疑惑がTwitter上で拡散されたました。

 これを受け、
「何度聴いても日下さんにしか聞こえない……!」
「日下くん犯人説出てて、わくわくが止まらない」
「日下さんもあの表情すごく怪しかったし、なにかしら悪に加担してるだろうな」
と、ファンの間では日下を怪しむ声が多いですね。

しかし反対に、
「ボイスチェンジャーの声が日下さんだったとしても、こんなわかりやすい犯人にはしないでしょ」
「こんなあからさまに怪しいと、逆に犯人じゃないと思う」
「お客さんになぜあんなこと仕掛けたのかな……動機がわからない」
と、日下が犯人だと断定するのはまだ早い、という意見も。

役作りは成功!

伊野尾さんは7月20日発売の「週刊ザテレビジョン」のインタビューで、
「見る方がどんな風に受け取るか、その見え方も考えながら演じるようにしています。
いい人なのか悪い人なのか、あえてわからないようミステリアスな雰囲気にしたり」
と演技について語っており、視聴者の混乱具合を見る限り、日下の役作りは成功と言っていいでしょうね!

 “相談”を持ちかけた小山内は一体なにをもくろんでいるのか、「KING」に通う謎の男・馬場(小市慢太郎さん)の正体は……?
周辺にも自身にも謎が多い日下は、藤堂の味方なのか、それとも敵なのか。
今後さらに混沌としていくだろう展開が楽しみですね!(^^)!

スポンサーリンク