【山田涼介は嵐の代打だった!】妊娠スキャンダルで「カインとアベル」が月9の視聴率ワースト5になっちゃう!?

10月期のフジ月9「カインとアベル」で主演を務める山田涼介さん。

スポンサーリンク




これは旧約聖書「創世記」第4章に登場する兄弟を題材にした物語ということですが、実際には山田さんは“代打”に過ぎず、その前に主演として名前が挙がっていたのは嵐メンバーだったとのことです。

ごり押しの末に…

[以下引用] 「具体的に『嵐の誰』というところまでは進んでいなかったそうですが、嵐主演の月9はフジにとって救いの手となるはずでした。

最近では昨年4月期に相葉雅紀主演『ようこそ、わが家へ』、2014年1月期に松本潤主演『失恋ショコラティエ』が月9枠で放送され、それぞれ全話平均視聴率は12.5%と12.3%。かつてほどの高視聴率は期待できなくなっているものの、最近1ケタ連発の月9枠にとっては、まばゆい数字でしょう。

それに今年4月期の連ドラ視聴率は、松本主演『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)、大野智主演『世界一難しい恋』(日本テレビ系)がワンツートップを記録しており、まだまだテレビ局の嵐への期待値は高い。

ところが、ジャニーズ事務所側の要請によって、10月期の月9主演がJUMPに差し替えられてしまったというんです」
(テレビ局関係者)

事務所は現在、JUMPを各方面で猛プッシュしているといいますからね。

「経営面から考えても、いつまでも嵐人気だけに頼っていくわけにはいかず、現在JUMPにはV6、嵐を歴任した敏腕チーフマネジャーが就任し、各方面へ強く営業をかけています。

今後もファン数を伸ばすべく、連ドラ主演をはじめとした大きな仕事が続いていくはずです」
(週刊誌記者)

ところが、フジサイドとして主演に迎えたかったのは、JUMPではなく嵐だったようだ。

「フジでは7月期の『HOPE~期待ゼロの新入社員~』で中島裕翔が主演していますが、最終回を前に視聴率が5%を切るという大爆死。

ジャニーズサイドの要請には逆らえなかったのかもしれませんが、月9の主演に迎えたかったのは確実に嵐メンバーの誰かでしょう。

低視聴率を連発する月9だけに、フジはジャニーズ側に強く要求できなかったのでは」
(前出・テレビ局関係者)
[サイゾーウーマン]

ここ数年はずっと低視聴率に苦しんでいるフジテレビ。

亀山社長は「復活のカギはドラマ」と言っていましたが、今秋以降の作品については当初の企画を全面的に見直すなど、視聴率向上のために必死にテコ入れを行ったといいます。

ですが、希望の嵐メンバーではなく、JUMPメンバーをごり押しされて、それを了承しちゃうなんて、やっぱりジャニーズ事務所の力って半端ないですね( ;∀;)

スポンサーリンク