【嵐・二宮和也のファン激怒!】誕生日の「出前エピソード」に「女に作ってもらったんでしょ」の声噴出!

大のゲーム好きで、休日は食事も出前で済ませるなどインドア派として知られる嵐・二宮和也さん。
フリーアナウンサー・伊藤綾子さんとの交際報道以降はこうしたエピソードに疑問の声が噴出していたが、自身のラジオで最新の“出前事情”を明かし、ファンの間で話題になっています。

スポンサーリンク




「出前」はウソを隠すため?

二宮さんは、ラジオやテレビで出前をよく利用すると公言しており、昨年12月放送の『櫻井有吉アブナイ夜会』では「芸能界一の出前王」と紹介されていました。

ある時は、料理を頼んだお店から餃子をサービスしてもらったことで、この日が自分の誕生日(6月17日)だと思い出したとのことです。

一方、交際相手と報じられた伊藤アナは所属事務所の有料会員制ブログで、二宮さんが好きなハンバーグなど手料理の写真を複数回アップしていました。
自宅写真には嵐グッズがうつり込むといった“半同棲”生活とも思えるプライベートが垣間見え、嵐ファンは衝撃を受けましたよね( ;∀;)

そんな中、二宮さんがパーソナリティを務めるラジオ『BAY STORM』での発言が注目を集めています。

「家にいて思わず出てしまった、または出てしまう独り言」という質問に対し、「独り言はない」と回答するなかで、あらためて「出前」事情に触れました。

「自分の想定内のことしか起きてない」ことから、自宅で声を出す機会はなく、4連休があった場合は翌日の仕事の際に「声が出ない」そうで、

「3連休でも厳しいわ、もう。1回、中日で声出さないと出ないもん。
『サァー、サァー』って言うよ。『サァー』って。
それぐらいしゃべんないもんね。
やっぱり、家にいると。(中略)『何食べようかなぁ~』とかっていうのもないしね。
電話したら持って来てくれるし、デリバリーのオジさんが。しゃべるのその時だけっスね」

と、自虐的に告白。

二宮さんといえば、33歳の誕生日を6月17日に迎えたばかりだが、18~19日は『嵐のワクワク学校2016~毎日がもっと輝く5つの自由研究~』の公演のため大阪に滞在していました。

東京の自宅に戻り、いつものように出前を頼むと、「こないだお誕生日だったから」と、サービスで肉団子をもらったといいます。

この心遣いに、「あの会社の株持ってるのかなって思うぐらい(笑)」の優しさを感じているようでした。

「誕生日の時とかくれるからね。優しいんだよ、ホントに。
(日本)アカデミー賞獲った時もくれたもんね。優しいんだよな。
もしか、知らない間に株を持っているかだね。そうなると」

こう話す二宮さんは、注文の電話をするとメニュー名を言わなくても「じゃ、すぐ行きます」と返されるほど、デリバリーのヘビーユーザーだとアピールしていました。

しかし、この放送を聞いた一部ファンからは「誕生日にデリバリーの肉団子は本当かな?」
「肉団子は……誰かさんにもらったのね」
「伊藤綾子に肉団子作ってもらったんでしょ? いつまでデリバリーのこと言い続けるの」
などと怪しむ声が上がるなど、伊藤アナの顔が浮かぶ人も多かったようです。

二宮さんが実際に出前を注文しているのか、彼女の存在を隠すためのカモフラージュなのかは本人のみぞ知るところですが、今回の熱愛報道によってファンは疑心暗鬼になっているというのが本音です。。。

二宮さんは来年秋公開の映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』で主演を務めることが決定しただけに、しばらくは仕事に集中してほしいですね。

★映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』の記事はコチラから

スポンサーリンク