【平成JUMP・伊野尾慧】「絶賛ゴリ推し中」に対するテレビ局スタッフの意外な本音

現在、ジャニーズ事務所から最も推されているといっても過言ではない、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧さん。
あまりの猛プッシュぶりに現場スタッフもさぞかし引いているのでは…?と思いきや、意外にもその評価はとても高いようです。

スポンサーリンク




ネットでは伊野尾祭りに否定的?

現在、日テレ系連ドラ「そして、誰もいなくなった」に出演中の伊野尾さん。

★「そして、誰もいなくなった」に出演中の伊野尾に犯人説浮上!?の記事はコチラから

今年4月からは「メレンゲの気持ち」のMCや「めざましテレビ」の木曜パーソナリティに抜擢され、さらに来年には初主演映画「ピーチガール」の公開が控えるなど、まさに“伊野尾祭り”状態になっていて、ネットでは批判的な声も多く見られます。

確かにここまで推され過ぎるとJUMPの他担や他グループのファンからも嫉妬されて大変なんじゃないかと心配になっちゃうくらいですよね(´・ω・`)

[以下引用] 「Hey!Say!JUMPは、藤島ジュリー景子副社長の管轄化で活動をしているといわれていますが、伊野尾はジュリー氏だけでなく、メリー喜多川副社長、ジャニー喜多川社長も含め、事務所全体からゴリ押しされている状態。
これまでは、山田涼介や中島裕翔が推されてきましたが、『そろそろ第2のスターを……』と白羽の矢が立てられたのが伊野尾なんです。
SMAPの元チーフマネジャー・飯島三智氏は、グループ内に格差を作る“格差売り”が得意でしたが、ジャニーズ自体はそれを嫌う傾向があるため、昨年頃から伊野尾を売り出すことにしたわけです。
なので、今後は別のメンバーにも同様のゴリ押しが展開されるでしょう」
(スポーツ紙記者)

事務所をあげての強力なバックアップがあるならば、伊野尾がテレビのレギュラーを次々と決めている現状にも納得がいく。
しかしテレビ局側としては、伊野尾のゴリ押しに困惑していないのだろうか?

「伊野尾くんは“適当キャラ”で知られていますが、意外なことに礼儀面ではかなりしっかりしています。
相手の立場によって、態度を変えるということもありません。
あのゆるい雰囲気でも、スタッフから全然疎まれることがないし、むしろ現場では“愛されキャラ”のポジションにしっかり収まっています。
ジャニーズでは珍しいほどの『使いやすいタレント』とあって、局側からしても、事務所から強引にゴリ押しされている印象はまったく受けません」
(テレビ局関係者)

番組からも快く受け入れられているという伊野尾。
特に、『めざましテレビ』のスタッフには、大歓迎されているようで、「同番組はこれまで、伊野尾くんのような若い男性の起用をあまりしてこなかった。
彼は番組に新しい風を吹き込んでくれる上に機転も利くので、新メンバーとして入ってくれたことを感謝しているスタッフも多いみたいです」
(前同)

と、すっかりスタッフのハートまで掴んでいる様子だ。
[サイゾーウーマン]

スポンサーリンク




個人的にはキラキラ王道アイドル路線の山田さんと中性的で愛されキャラの伊野尾さんという、個性の違う二人をツートップに据えて売り出しているのは、成功のように思えますけどね(*´з`)

3人でこれからのJUMPを盛り上げる!

ちなみに、10月期は山田涼介さんの主演ドラマが月9枠で放送されます。

内容は学園ドラマになる可能性が高いそうですが、来年公開の映画「鋼の錬金術師」でも主演を務めることが決定していますし、このことがグループ全体の人気アップにつながってくれると、ファンとしては嬉しいですよね。

また現在放送中の中島裕翔さん主演ドラマ「HOPE」は、初回視聴率6.5%から第2話は7.1%まで上げてきましたね!

ネットニュースでは「大爆死!」といった酷評が目立ちましたが、内容的にもなかなか見応えがありますし、中島裕翔さんの“ジャニーズ臭の少ない”演技も俳優としてはなかなか良いのではないかと思います。

グループ全体のためにも3人にはしっかり存在感を出していって、Hey! Say! JUMPを盛り上げて欲しいですね!(^^)!

スポンサーリンク