【滝沢秀明がSMAPをボロカスに批判!】「独立を企てた4人は恩知らずのアホ!」週刊文春の緊急連載を東スポが曲解してネット大騒ぎ!!

週刊文春の直撃取材に応じた滝沢秀明さんの発言がネット上でお祭りになっているみたいです。

スポンサーリンク




ジャニーズ退所は確実?

インタビューでは名指しこそしなかったものの、中居正広さん、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの“SMAP独立派”を痛烈に批判しているのは明らかで、将来のジャニーズ幹部候補生からの糾弾によって4人がジャニーズを去ることは確定したとも見られているようです。

その中でも注目を集めているのは、タッキーの

「ただの少年が百八十度人生を変えてもらったわけですから、事務所に感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう」

「僕らの仕事は、ただキャーキャー言われてるだけじゃないんです。自分の後ろにはスタッフとかたくさんの方がいて、その人たちの生活もかかっている」という発言。

ネットでは、これらがSMAP独立組を批判していると波紋を呼んでいます。

[以下引用] 「SMAPの固有名詞こそ出してないが、どう考えてもこれはジャニーズからの独立を画策した中居、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の4人を滝沢が批判するもの。

つまり4人はジャニーズへの恩を忘れた“アホ”であり、SMAPに関わるスタッフのことをまったく考えていないと糾弾している」
(芸能関係者)

“独立派批判”と取れる滝沢の厳しいコメントは、あまりにも異色だ。

というのもSMAPの解散が発表された8月14日以降、ジャニーズの後輩たちはみな、当たり障りのないコメントしか出していないからだ。

「喜多川一族にかわいがられている滝沢は、ジャニーズでは近藤真彦、東山紀之、木村拓哉に続く世代の幹部候補と目されている。

そう考えると、今回の発言はジャニーズの実権を一手に握るメリー喜多川副社長の意向を代弁しているということ。

ジャニーズに忠誠を誓った滝沢のコメントに、メリー副社長も喜んでいるようだ」
(芸能プロ関係者)

まるで中居ら4人の独立派に事務所のトップが差し向けた“刺客”のような役割を滝沢が果たしたようだ。

SMAP解散発表から1か月余り、将来の幹部候補から飛び出した“独立派批判”は、いったい何を意味するのか?

「メリー副社長は、独立を画策した4人をいまだに許していないことが改めて如実になった。

もし許しているのならば、滝沢がここまで言うことはない。

世間ではキムタクが裏切り者扱いされて人気が急落しているが、メリー副社長からすれば、裏切り者はあくまでも中居ら4人。

SMAPは年内で解散、年明けからメンバーはそれぞれソロで活動すると発表されたが、4人は徐々に仕事を減らされ、いずれは干されたような状態になるのは間違いないだろう」
(前同)

中居ら4人も、自分たちの立場は重々分かっている。

だからこそ「来年秋の契約満了をもってジャニーズを退社する」という噂が絶えないのだ。

「後輩からもメディアを通じて盾突かれた4人は、改めてジャニーズに居場所がなくなったと感じているだろう。

滝沢の批判により、ジャニーズ退社に向けての動きがますます加速することは間違いない」
(テレビ局関係者)

[東スポ]

なんというか、タッキーが先輩に向かってそんなこと言うわけがないですよね。

曲解しすぎですね( ;∀;)

しかし、他の後輩たちがSMAP解散について「非常に残念」「ショックです」「信じられない」などといった無難なコメントをするなか、タッキーはずいぶんと攻撃的にきているので悪目立ちしているのだと思います。

それだけ事務所に恩を感じているということなのかもしれませんけど、ちょっと驚きました。

ジャニーさんの誕生日会の取りまとめ役を買って出るなど、すでにジャニタレの中でもリーダー的存在になっていますから、事務所に逆風が吹き荒れている現状をなんとか打開したいという気持ちがあったのかもしれません。

もちろん、引用記事にあるようにメリーさんから頼まれた可能性もあると思いますが、もともと責任感と漢気に溢れた人ですから断れなかったのかもしれません。

また今回のタッキー発言は、私も正論だと思います。

ネット上でも「事務所からの独立を企てた飯島と4人にこそ非がある」という意見が多く寄せられますし、タッキーの言っていることを支持するファンも多くいるかと思います。

しかし!

ここには大きな勘違いというか、マスコミの情報操作に完全に乗せられているところがあります。

スポンサーリンク




それは、4人が独立を“企てた”という部分。

これは事実とは全く違います。

SMAP解散騒動の発端が、もともとは文春5時間インタビューの中でメリーさんが「SMAPは踊れない」とこき下ろし、自分より立場が弱い飯島さんに対して「もしジュリーと飯島が問題になっているなら、私はジュリーを残します。自分の子だから。飯島は辞めさせます。それしかない」と言い放ったことなのは明らか。

実質的なジャニーズトップによる最後通告により、飯島さんがSMAPを連れてジャニーズを「出ざるを得なくなった」という流れに異論のある人はいないでしょう。

そして、ジャニーズサイドと飯島サイドが双方とも弁護士を立て、独立・移籍についての細かな条件について話し合っていたことは、ジャニーズ側も認めています。

つまり、飯島さんと4人が独立を「企てた」というのは、後から出てきた報道によって歪曲されたものです。

ジャニーズもSMAPの独立は認めていて、それを前提に正式な話し合いを行っていたわけですから、飯島さんと4人が「独立を企てた恩知らず」と言われる筋合いはないでしょう。

しかし、なぜか土壇場になってキムタクが「やっぱりオレはジャニーズに残る」と言い出し、あれよあれよと言う間にSMAP独立話はひっくり返された―そこに、キムタクが裏切り者と呼ばれる理由があるわけです。

タッキーは「僕は(SMAPのことは)知らないし、直接話す機会もない。何も分からない分際で答える資格もないですよ」と言ってましたが、何も分からず、答える資格もないと自覚しているなら、どうして中居さんらが「独立を企てた」と言わんばかりの論調の発言をしたのでしょうか?

今回のタッキー発言は、これまで何度も繰り返し報じられてきたジャニーズ側に都合の良い「後出し歪曲報道」に基づいたもの。

タッキーがメリーさんの意を汲んでインタビューに応じたのかどうかは分かりませんが、結果的に事実を捻じ曲げる片棒を担いでしまったことは残念です。

今回の発言も、「覚悟を決めて、新天地で頑張りなさい!」というメリーさん流のエールだったと解釈することもできますしね。

先輩後輩を問わず事務所内での信頼が厚いタッキーが今回のような発言をしたことで、SMAP解散後に4人がどのような道を選ぶのか、意外と早く答えが出るかもしれません。

スポンサーリンク