【滝沢秀明&櫻井翔のサシ飲み!】確執20年の真相とは?櫻井翔がタッキーに男の嫉妬「後ろめたかった」 

タッキー&翼の滝沢秀明さんが7月14日放送のTBS「櫻井・有吉THE夜会」に出演されました。
番組MCを務める嵐の櫻井翔さんとの20年にわたる「確執」が明らかになりました。

スポンサーリンク




ささやかれる「不仲説」

同じジャニーズ事務所に所属し、同学年の滝沢さんと櫻井さんですが、滝沢さんが半年先輩になります。
ほぼ同期メンバーながら約13年間、バラエティー番組共演がなく、いつしか一部のファン間で2人の「不仲説」がささやかれるようになっていきました。

不仲説を拭うため、東京・恵比寿で二人きりのサシ飲みロケを敢行。

テレビはもちろん、プライベート含め、2人で飲みに行くのは今回が初となり、個室でスタッフなしの2人きりトークを繰り広げられました。

2人の1年後輩・生田斗真さんの手紙が紹介され、ジャニーズJr.時代にリーダーとして集団を引っ張っていた滝沢さんに対し、へそピアスにカラコンをしてジャージ姿でレッスンに来るなど、櫻井さんは「部活の延長」感を最も出していたそうです。

タッキーのこと「斜めに見てた」

櫻井さんは「みんな同じような感じがつまんねえな~みたいな。
その時だよ、一番距離があって、ほとんどつながりがないのは。
ファンの人が『仲悪いんじゃないか?』って思っていたの、オレはちょっと理解できるのね。
オレはちょっとね、タッキーのことを斜めに見ていた。
(自分から)離れていったと思う。
反省というか、謝りたいと思っていて…」と告白。

櫻井「嫉妬」と滝沢「みんなが敵に見えていた」

「30も中頃になって、20年くらい経つから、昔話として聞いてもらいたい」と前置きした櫻井さんは、ジャニーズJr.が総出演したゴールデン帯のバラエティー番組「8時だJ」でヒロミさんとMCを務めた滝沢さんに嫉妬していたとのこと。

「ヒロミさんと肩を並べて番組進行する滝沢君。それで距離ができたんじゃないかな。
戦っても…これって戦う意味、努力する意味あるのかな…みたいに思っちゃっていたの、当時。
なるべく後ろの端っこの方にいて、何だかな~って思いながら見ていたんだと思う。
(MCの)大変さを知らないで。
だからオレは正直ね、後ろめたさみたいのはやっぱりあったんだよね。
大変さが大人になって分かるから」と打ち明けていました。

櫻井さんの本音を聞き、滝沢さんは「オレも勘付いていたかもしれない。
あの時期はみんなが敵に見えていた。
オレが行くところ、敵だらけみたいな。
ほかのファンの方からすれば、おもしろくない。
滝沢ばかりって。だから、しんどかったよ、当時はね。今考えれば、それも楽しい時間かな」と笑みを浮かべていました。

VTR明け、スタジオに戻ると、2人は「これからもよろしく」とハグし、不仲説を完全解消しました。

これにはお互いのファンもモヤモヤ解消されたのではないのでしょうか(*´з`)

スポンサーリンク





Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.