【紅白出場男性アイドルに薬物疑惑浮上!】清原和博との交友関係から捜査当局が動き出した!

2016年はゲス不倫と共に違法薬物での逮捕やそれに伴う「次に逮捕される芸能人」の噂が飛び交いましたが、そんな噂に巻き込まれたのはジャニーズタレントも同じ。

そして、さっそく今年もそれっぽい話題が出ています。

スポンサーリンク




決め手は清原からのメール

[以下引用] 組対5課が次に狙うのは紅白出場経験もある男性アイドルユニットのBだという。

「清原がシャブ抜きに利用していた六本木のサウナで、幾度となくBの奇行が目撃されているんです。
壁に向かってブツブツつぶやいたかと思えば、急に壁に頭をガンガンぶつけだす。
そもそもBは、清原とこのサウナで汗を流して交遊を深めていたといいます。
逮捕時に押収した清原の携帯電話には、Bへの意味深なメールが残されていたと言われている」
(全国紙警視庁担当記者)
[アサ芸]

(以下、ジャニーズウォッチャー引用)

清原さんが利用していた六本木のサウナは「アダムアンドイヴ」という名前で、ここはTOKIOの松岡昌宏くんが倒れたときに吉川晃司さんが助けたとされるところです。

ということで、どうしてもすぐ松岡くんが??ということになりそうですが、以前、週刊朝日が報じたところによると、この「アダムアンドイヴ」というサウナで見かけられた有名人は清原さんや吉川さん、松岡くんに限らず、「超大物大リーガーIや『8頭身』女優M、サッカー選手とデキ婚した女優K、夫も俳優で元モデルの女優Wなど、有名人が多数利用します」とのこと。

スタッフに日本人がおらず常用語はほぼ韓国語という、日本にありながら異国の雰囲気が味わえる場所だといいますから、どこに行っても注目される有名人にとっては気楽な場所なのかもしれません。

それでも、「紅白出場経験もある男性アイドルユニット」のメンバーというのは、そうそういるとは思えませんが…

ちなみに昨年もこのサウナに通う人物がうつろな目でブツブツと独り言を呟いていて怪しい、という話が出ています。

こちらで怪しいとされる人物の特徴は、10代の頃からアーティスト活動をしており、業界では酒好きとして有名、クスリのウワサもあり、以前は紅白歌合戦に出たこともある、というものでした。

松岡くんとかぶる部分はありますが、紅白出場が過去形なのが決定的に違います。

なんといっても、TOKIOは紅白出場23回を誇り、昨年も当たり前のように出場してましたから。

なので松岡くんではないと思うのですが、このサウナは有名人が多いと同時に、その筋の人も多いそう。

場所柄と、入れ墨を禁止にしていないというのがその理由だと思いますが、本人はその気がなくても怪しい場所に出入りすればそういう目で見られることもありますし、思わぬ人脈を作ってしまうこともあるでしょう。

痛くない腹を探られないためにも、松岡くんに限らず、こういった場所に出入りするのは止めたほうが良さそうです。

昨年末、清原さんが逮捕後初めてテレビに出演し、「クスリを完全にやめたとは言えない。本当に恐ろしい薬物で、この怪物、悪魔と闘い続けることが一生続くと思う」と涙ながらに語っていたのを思うと、違法薬物は本当に怖いものだと思います。

すでに手を出してしまっている人にとって、すぐ逮捕されたほうが結果的に自分自身のためになるような気もするんですが…

ちなみに、薬物捜査に関しては警視庁組織犯罪対策5課(組対5課)と厚労省関東信越厚生局麻薬取締部(マトリ)が強烈なライバル意識を持ち、お互いのプライドと来年度の予算を懸けて激しく競い合っていることは有名な話。

最近だとASKAさんや清原和博さんは組対5課、小向美奈子さん、高知東生さん、高樹沙耶さんはマトリとなっていますが、アサ芸によるとマトリが次の最重要ターゲットにしているのは角界の闇番長とのこと。

正直、大物度合いでいくと組対5課が上を行ってるような気もしますが、果たして今年一発目の大捕り物はいつ実行されるのでしょうか?

今後の両捜査当局の動きに注目したいと思います。

スポンサーリンク