【紅白初出場・KinKi・堂本剛】「欅坂さんと勘違いした」衣装かぶりボケかます

本日24日、『第67回NHK紅白歌合戦』の出演者が発表されました。

スポンサーリンク




アルバム『Fantôme』で本格的に復帰した宇多田ヒカルさんや、映画『君の名は。』の主題歌と劇中音楽を担当しロック系音楽好き以外の層にも知名度を広げたRADWIMPSの初出場、年内いっぱいでの解散が発表されているSMAPが出場者ラインナップに含まれていないなど、話題となるトピックには事欠かないですね。

そんな中、なんといっても、今年デビュー20周年を迎えた男性デュオ「KinKi Kids」が初出場を決めたことにはファンも相当嬉しかったのではないでしょうか?

20周年に何か違うことを

堂本光一さんは「年末年始は18年間くらい、東京ドームでコンサートをやっていました」と語り、今年はメモリアルイヤーだけに「何か違うことができたらいいなと思っていました」と紅白出場を喜んびました。

一方、えんじ色のジャケット姿で登場した堂本剛さんは、後方に座っていた人気アイドルグループ「欅坂46」のメンバーの衣装と色がかぶたことに触れ、「ついつい自分が欅坂さんと勘違いしてしまいました。(衣装の)色味が(似ていたのは)頭では分かっていたけど、体が欅坂さんと思い込んでいました」とジョークを飛ばしました。

そして、大みそかの舞台に向け「素晴らしい時間を過ごせるのは何より幸せ。当日は僕たちなりの全身全霊のパフォーマンスをさせていただこうと思っています」と誓ってくれました。

剛節は炸裂していましたが、あの雰囲気ではちょっとウケなかったかもしれませんね(笑)

けど今年の紅白はEXILE落選などもありますし、何かが違うような気がします(*´з`)

スポンサーリンク