【赤西仁が亀梨和也の名前を!】泣き出すファンも!山下智久は中国ではまだまだ知名度が低い?

KAT-TUNを脱退してから早くも6年が経った赤西仁くん。

その後、2012年には黒木メイサさんとデキ婚を強行し、

%e9%bb%92%e6%9c%a8%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%b5

2014年にはジャニーズを退所するなど“我が道”を突き進んできましたが、そんな赤西くんも実質的に解散危機に陥っている古巣・KAT-TUNのことは気になっているようです。

山Pより亀梨?

[以下引用] 11月5日のマカオ。会場を埋め尽くしたファンに向かって、赤西仁は声を張り上げて「中国で有名な芸能人は誰なの?」と問いかけた。続いて赤西は会場を盛り上げようと、こう叫んだ。

「山Pは有名なの?」

突然、問いかけられたファンは微妙な反応をしていたというが、赤西のハッチャケぶりは止まらない。

「山Pの名前を出してもファンのウケがよくなかったからか、“ん? 有名じゃないの(笑)。
じゃあ亀梨(はどうなの)?”と、飛ばしたんですよ。会場は大歓声に包まれましたよ」
(音楽誌記者)

赤西の口から久々に飛び出した、ライバル・亀梨和也の名前。

その言葉を聞いた会場のファンの中には、感極まって泣きだす人もいたという。

今までの赤西なら冗談でも“亀梨”の名前は口にしなかっただろう。

いったい彼にどんな心境の変化が起きたのだろうか…

「そもそも2人は、ある女性をめぐって仲が悪くなったんです。

グループ結成当初のことでしたが、それ以来ずっと険悪のままでした。

CM撮影のときに、スタッフに相手の悪口を言い合っていたこともあり、現場が凍りついてしまったこともありました」
(CM制作会社スタッフ)

赤西が抜けたあと、2013年に田中聖が解雇され、今年3月に田口淳之介が脱退すると、グループは活動休止に。
当面は残った3人でソロ活動をすることになるというが…

「事実上の解散みたいなもので、いざそうなると、それぞれが寂しさを感じているようです。

特に赤西は亀梨と人気絶頂のころのKAT-TUNを支えていたわけですから、彼の胸に何か去来するものがあったんだと思いますよ」
(スポーツ紙記者)
[週刊女性PRIME]

記事は「メンバーが別々の道を歩み始めた結果、“犬猿の仲”と言われていた赤西と亀梨の溝が埋まり始めたということなのか」と締めくくられていましたが、そんなことはなさそうですね。

最近、SMAP解散などもあり、古巣を気にしての発言だと思われますが。。。

それよりも話題なのが、亀梨くんとともに山Pの名前を出したこと。

ファンもそっちの方がうれしかったから歓声を上げたんでしょうね。

スポンサーリンク




早々に解散したJINTAKA

ところで、赤西くんは9月に山田孝之さんと「JINTAKA」というユニットを組んで、CDデビューを果たしています。

jintaka

デビュー曲となった「Choo Choo SHITAIN」はオリコンデイリー2位、週間4位という成績でしたが、翌月には「方向性の違い」を理由に早々に解散。

まったく、KAT-TUN脱退の時と同じ理由というのがバカにしてますね(´・ω・`)

しかし11月9日に幕張で開催されたライブには7000人のファンが詰めかけたといいますから、相変わらずコアなファンは付いてきてくれてるようです。

それに加え、中国にも活躍の場を広げているとなれば、ちょっと調子に乗っちゃったのかもしれませんね。

しかしながらジャニーズ退所後は事務所に所属せず個人で活動している赤西くんが、ここまで順調にインディーズで音楽活動を続けているというのは、ジャニーズからの独立を考えているSMAPメンバーには参考になる部分もあると思います。

テレビや映画といった大メディアでの露出さえ捨ててしまえば、十分にやっていけることを証明してくれてるわけですから。

音楽やファッション、芸術などの分野にターゲットを絞るのもいいですし、海外に活動拠点を移すとか、演出や評論といった裏方に専念するとか。

来年から大きく動きそうなジャニタレ&元ジャニタレ。

ふぁんはしっかり見てますよ!(^^)!

スポンサーリンク