【関ジャニ∞・大倉忠義】吉高由里子との熱愛を否定したのは「あの趣味」のせい? 「なんであんな女と」の声が増えた理由とは?

関ジャニ∞の大倉忠義さんが、”自宅通い愛”を今年7月に「フライデー」(講談社)で報じられていた女優・吉高由里子さんとの熱愛に関して、報道以降初めて「お友達です」と交際を否定しました。

ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎さんとの交際が終焉したとされる吉高由里子さんが、大倉さんの自宅の合鍵を持って頻繁な出入りが報じられた当初は「芹那よりマシ。」という意見が多かったものの、今はそうではないらしいです。

スポンサーリンク




芹那のイタい行動とは?

(以下、引用)

「以前、大倉が交際していた芹那は『芸人に口説かれた』と暴露したり、甘ったるい話し方などが反感を買いいつしか”嫌いな女タレント”の筆頭に挙げられていました。

さらに交際報道後は大倉と色違いのヘッドフォンやお揃いのアクセサリーをSNSにアップしたりするなどファンを挑発するかのような行動を取っていたこともあって、明らかに大倉ファンから敵視されていたんです。

★【芹那が大倉忠義にストーカー!?】「罪と夏」アロハシャツ写真をインスタにアップ!【検証画像あり】の記事はコチラから

そのため、吉高と大倉の交際が報じられた際には、『芹那よりはマシ』という意味で比較的受け入れやすかった。

ですが、最近では批判の声も上がっているようです」
(芸能ライター)

当初は複雑ながらも受け入れつつあったのにもかかわらず、何があったのだろう。

「吉高は以前より『パチンコ』が大好き、一部ではプロ級という情報が出回っています。

最近ではその印象を持った人も増えたのか『なんでパチンコ女なんかと!』というような批判が噴出してきたんです。

最近はギャンブル依存症やパチンコ業界の凋落もあって、イメージは悪化の一途をたどっていますからね。

グレーゾーンの印象もありますし、天下のジャニーズアイドルがパチンコ好きの女性と交際しているのが許せないファンもいるということでしょう」
(前出・同)

所属タレントの熱愛報道において、ファンの反応を重要視していると言われるジャニーズ。

吉高さんに対しても反感が強くなったことで、ふたりの間になんらかの力が働いた可能性も考えられます。

否定したことで、このまま破局となる可能性もありますが、ファンとしては遅すぎる熱愛否定にげんなりしているようです(´・ω・`)

スポンサーリンク