【関ジャニ∞・横山裕出演の「ON」】いわくつきのドラマだけど続編を求める視聴者も!

関ジャニ∞・横山裕さんが出演したドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』が、9月6日の放送で最終回を迎えました。

スポンサーリンク




視聴率は安定も残虐シーンが問題に?

視聴率は初回から9%~6%の間を行き来する状態で、最終話の視聴率も7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、2ケタ台に乗ることはなかった。とはいえ、大きく数字が落ち込むこともなく、安定した視聴率を保ったまま終了しています。

同作は“猟奇犯罪ミステリードラマ”と銘打ち、殺人事件の解決に挑む刑事たちに焦点を当てたもの。

登場人物にコミカルな設定がついていたり、テンポの良い会話で笑わせるシーンがあったりと、凄惨な場面ばかりではなかったものの、「遺体の描写がグロテスクすぎる」「残虐なシーンが多い」ということから、早々に「視聴を断念した」という声もあったようです。

8月9日の「産経ニュース」には、作品名こそ伏せられていたものの、『ON』と思しきドラマが放送倫理・番組向上機構(BPO)から「残虐なシーンの放送に配慮」するよう求められたと報道され、視聴者の物議を醸す事態にもなりました。

これを受け、『ON』のファンからは“打ち切り”を心配する声もあったが、無事に最終回を迎えることができたようです。

最終話は、主人公の藤堂比奈子(波瑠さん)を狙う真壁永久(芦名星さん)が、横山さん演じる東海林泰久を拉致・監禁するシーンから始まりました。

腕を手錠で拘束され、身動きの取れない状態になった東海林は、真壁からナイフを突きつけられ、彼女の猟奇的な本性に恐れおののく。

一方、藤堂率いる捜査チームは、少しずつ真壁の正体に近づき、東海林の救出に奮闘。しかし、犯人の罠によって阻まれ、捜査は難航。

そんな中、藤堂は1人で東海林の監禁現場に現れる……。といった最終回。

ジャニーズファンにとっても見どころが多かった最終話。

東海林の監禁シーンもさることながら、真壁にナイフを突きつけ、殺人犯になってしまうギリギリのラインに立った藤堂に向けて

「おまえは怪物なんかじゃねえ!ただの普通の人間だろ!」

「おまえのこと信用してる人間裏切んじゃねえよ!」

と叫ぶシーンには、

「いつもクールな東海林先輩の熱い演技に興奮した!」
「ヨコ迫真の演技、すごかった」と、高評価をするファンが多くいたようです。

スタッフに感謝

放送期間中、ジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s web」では、横山さんが撮影の裏話などをつづる短期連載「OFF 異常現場撮影班 横山裕」を連載していました。

最終回放送後には最後の更新が行われ、監禁シーンについての裏話が語られました。

それによると、監禁シーンは朝の6時まで撮影が続いたらしく、

「昔大阪でドラマを撮ってたんですが、お金もなかったので人件費削減やらで、撮影もギュウギュウで3日間、徹夜でしたよ」

と、『ON』の監督を務めた白木啓一郎氏との思い出を重ねてつづっています。

「ONの作品に関わってくれた全ての方に感謝しかないです」

と、スタッフや視聴者に心を配る言葉もあり、横山さんにとって充実した撮影であったことが分かる内容です。

東海林先輩ロスがあちこちで…

無事最終回を終えた『ON』だが、ファンからは早速

「東海林先輩ロスがハンパない……」
「続編やらないかな~、なにかしらの形でまた見たい!」
「映画化でも続編でもいい!」

と声が上がっているようです。

ドラマの最後には「刑事の仕事の始まりだ」という東海林のセリフがあり、登場人物たちの日常はまだまだ続くと感じさせるような終わり方でした。

ファンの期待通り、続編がありますかね?

ぜひとも、お願いします(*´з`)!

スポンサーリンク