【12月31日にまさかのサプライズ!?】香取慎吾の心情変化でSMAP解散撤回あるかも!?

SMAP解散を一番望んだといわれる香取慎吾くんですが、彼を取り巻く状況が急激に変化しつつあるといいます。

もしかすると、土壇場での「SMAP解散なし!」という奇跡が起きるかもしれないとファンの間で噂になっております。

スポンサーリンク




バングルがその根拠?

テレビ業界では解散後のSMAPメンバーをどう扱うか、すでにいろいろと議論が行われているようですが、その中でも一番の問題となっているのは、一連の解散騒動で最も「心を痛めた」と言われる香取慎吾くんの処遇についてだとのことです。

というのも、実はテレビ関係者の中には香取くんを応援する人が意外に多いそうです。

[以下引用] 「香取は2014年放送の『SMOKING GUN~決定的証拠~』以来、主演ドラマで1桁台の視聴率が続き“低視聴率男”と言われていますが、同局の『人にやさしく』や『西遊記』では20%以上の数字を取っています。

つまり、俳優としてのポテンシャルは決して低くない。

そんなことから、局内では香取の主演ドラマでソロ活動をバックアップしたいと考えるスタッフもいるようです」
(フジテレビ関係者)

「業界で香取を心配している声は聞きます。解散が決定してからの香取は、引退をほのめかしたり“自死”という言葉を口にしたりと、精神状態が心配されています。

本来の彼は、明るく誰からも好かれる好青年。そんな彼をこのまま引退させまいと、解散後の仕事について考えている業界人はいます」
(芸能ジャーナリスト)
[アサジョ]

この話が本当なら、ファンにとっては嬉しいですね。

これまで、ジャニーズ事務所主導の御用メディアの報道では、SMAP解散の元凶は「香取慎吾の頑なな拒否反応」だとされていました。

しかし、そんな状況の中、10月17日放送のスマスマでは“希望の光”ともいえる光景が見られました。

それは、15年ぶりに再結成した「ザ・イエロー・モンキー」をライブゲストに迎え、イエモン&SMAP5人で「バラ色の日々」「ALRIGHT」を熱唱したときのこと。

[以下引用] 「マイクを持つ香取くんの左手に、星のマークがかたどられたシルバーのバングルがつけられていたんです。

一瞬、呼吸が止まりました。私だけじゃありません。

きっと、多くのSMAPファンが同じ衝撃を受けていたはずです」
(40代女性ファン)

この日、香取がつけていたのは、『コディ サンダーソン』のバングル。完全ハンドメードで、最低でも10万円以上という同品は、ファンの間で“木村拓哉のお気に入り”として知られていた。

「木村くんはテレビや雑誌で何度もコディのバングルをつけて登場しています。

まさか香取くんも同じものをつけてテレビに出るなんて!

しかも香取くん、曲の途中でわざわざバングルをつけた左手にマイクを持ち替えたんですよ」
(30代女性ファン)

今年8月のSMAP解散発表後、木村と香取の不仲説が盛んに報じられた。

分裂騒動後、事務所を退社した女性マネジャーを誰より慕っていた香取が、ひとり事務所残留を決めた木村へのわだかまりを強め、両者の関係は修復不可能とまでいわれた。

その香取が、木村とお揃いのバングルをつけてテレビに出演する──。

放送後、ネット上には興奮冷めやらぬSMAPファンの声で溢れた。

《マジで鳥肌。涙出てきた》
《不仲説を否定したいっていう、画面を通じての意思表示でしょ!》
《和解からの解散回避、あるんじゃない!?》

SMAPの解散まであと2か月あまり。

目下の注目は、大晦日の「ラストステージ」開催の可否に集まっている。

(中略)

NHKでは「SMAPを必ず出せ」という籾井勝人会長の大号令のもと、スタッフが全力で交渉しており、木村と中居正広は出場に前向きだとされている。

「稲垣さんと草なぎさんは、“みんなが決めたなら”というスタンス。香取さんが拒んでいた。

そもそも解散自体、香取さんが頑なに主張したことがきっかけだといわれています。

香取・木村ラインが修復すれば、奇跡が起きる可能性は充分にある。ファンならずとも期待してしまいます」
(芸能関係者)
[女性セブン]

スポンサーリンク




女性セブンがこういう記事を出すのって、なんだか意味深ですよね。

紅白出場を巡る香取くんの説得に成功しそうだとか??

もしそれが本当なら、キムタクはもちろん中居くんも「No」とは言わないでしょうし、そうなれば稲垣くんと草彅くんも含めて5人で出場することは間違いないかと思われます。

そこでまさかの「やっぱり、解散はしません!」発言が飛び出したらファンは歓喜の声をあげることでしょう。

もちろん、そうなる可能性は限りなくゼロに近いと思いますが、せっかく大晦日の紅白をラスト舞台と選ぶのなら、なにかとんでもないことをやってくれないかと期待しちゃいますよね。

スポンサーリンク