【Hey! Say! JUMP・伊野尾慧の次は知念侑李!】二面性あるキャラ&抜群の運動神経が武器

V6・岡田准一さんの『追憶』、
嵐・松本潤さんの『ナラタージュ』、
二宮和也さんの『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』、
KAT-TUN・亀梨和也さんの『PとJK』
など、次々と映画の主演が決定していくジャニーズメンバーたち。

スポンサーリンク




いよいよ全国区

主演を務めるメンバーは中堅以上が多いが、若手グループのHey! Say! JUMPも映画・ドラマ出演が増えてきています。

その中でもここ最近、知念侑李さんの活躍は目を見張るものがあります。

現在公開中の『超高速!参勤交代 リターンズ』、
2016年10月22日公開予定の『金メダル男』、
2017年夏公開予定の『忍びの国』
と次々に映画に出演するほか、地上波でも2016年9月25日放送のテレビドラマ『必殺仕事人2016』に出演するなど、演技の仕事に精力的に取り組んでいます。

Hey! Say! JUMPといえば、中島裕翔さんの『僕らのごはんは明日で待ってる』、
山田涼介さんの『鋼の錬金術師』、
伊野尾慧さんの『ピーチガール』が2017年に公開予定。

元々“演技班”としてドラマや映画の仕事が多かった中島さん・山田さんのほかに、伊野尾さんも演技の仕事が増えてきていたが、それに続くように知念さんが名を連ねてきているようです。

スポンサーリンク




はまり役で一気にブレーク

知念さんが初めて演技の仕事をしたのは、SMAP・香取慎吾さんが主演を務めた『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』。

それ以降テレビドラマや映画に出演しているが、決して経験豊富とは言えず、演技の評価も抜群に高いというわけではありませんでした。

しかし、『先生はエライっ!』の梅野ワタル役や『地獄先生ぬ~べ~』の栗田まこと役など、少年らしさが残る役は知念さんのはまり役で、その演技力をしっかりと感じることができていました。

役者としてこれからが楽しみな知念さんは、伸びしろがまだまだありますね!

「陽」と「陰」を持った愛されキャラ

先日行なわれた『超高速!参勤交代 リターンズ』のスペシャルセレモニー&完成披露試写会で、舞台挨拶の際に共演者から誕生日を祝ってもらったり、いじられたりと、愛されている様子が見て取れました。

これは、知念さんの持ち前“人たらしスキル”の賜物。

天真爛漫かつ甘えん坊、しかし人見知りで引っ込み思案な部分もあるという知念さんのキャラクターは、多くのひとに親しまれています。

「陽」と「陰」の部分を持ち合わせている知念さんだからこそ、その両極を表現する役もすんなりと演じられているのかもしれません。

また、持ち前の運動神経を活かし、アクション俳優としての活躍も期待できそうです。

知念さんの父親は体操のオリンピックメダリストであることは広く知られており、知念さんはその才能を確実に受け継いでいます。

以前、日刊スポーツ静岡版のインタビューでは、こんなエピソードを語っていました。

「小1、2の時、静岡県の体操大会があって、規定種目に出ました。
母親に『夏休みだけ練習をして、ちょっと出て』と言われて、出たんですけど、2年とも優勝しました」

今もなお華麗なアクロバットダンスを披露してくれる知念さん。

身軽かつ高い身体能力を活かせば、アクションが売りの派手な映画の主演も務められそうですよね。

同じく日刊スポーツ静岡版のインタビューで、

「何でもやるのがジャニーズなので、何路線と決めず、バラエティー、俳優、歌、ダンスと何でもやっていきたいです」と答えていた知念さん。

2015年7月からは初の冠番組である『いただきハイジャンプ』がスタートし、バラエティでの活躍の場を広げました。

ダンスは言わずもがな、独特のハイトーンボイスを活かして楽曲の中でソロを歌うことも。

大きな可能性と様々な才能を持った知念さんなら、ジャニーズでもトップレベルのスターを目指すこともできるはずですね。

今後の活躍に期待です!

スポンサーリンク