【KinKi Kidsのツアーパンフがファンの妄想を掻き立てる!?】「見てはいけないものを見てしまったような感じ」

今年でデビュー20周年を迎えたKinKi Kidsが、全国7カ所をまわるアリーナツアー『We are KinKi Kids Live Tour 2016 ~TSUYOSHI & KOICHI~』を9月29日~11月2日に開催します。

スポンサーリンク




9月28日には、初日の会場である日本武道館でコンサートグッズのプレ販売が行われましたが、ファンたちが口々に「なんかエロい……」とつぶやく事態が発生しているようです。

ペンライトは王道

パンフレットやスポーツタオルなど、コンサートグッズの定番商品が並ぶ中、やはり外せないのがペンライト。

今年のジャニーズコンサートで発売されたペンライトは、どれも個性的で“トンチキ”な形をしていると度々話題になっていますが、KinKi Kidsはやはり王道を行くシンプルなデザインに。

デビュー20周年を記念して立ち上がったオフィシャルサイトにも使用されている、赤と青の「K」と「20」が絡み合うようなロゴマークがモチーフで、赤と青の2色に発光します。

このロゴマークはショッピングバッグにも刺繍されており、高級感のある大人っぽいデザインに仕上がっています。

2人の手が絡み合う

そしてファンが最も注目したのは、パンフレットの表紙とTシャツに使用されている、「2人の手が絡み合う写真」。

堂本光一さんと堂本剛さんと思われる手にゴツめの指輪とブレスレットが着けられ、2人の両手が複雑に絡み合うデザインとなっているものは、どちらもモノトーンで撮影され、クールな印象に仕上がっています。

そんな写真なのですが、ファンからは

「パンフレット見たけど、KinKiさんエロい……色っぽいと言うかなんと言うか……!」
「キンキコンのツアーパンフが芸術的にエロい」
「2人の手が絡み合ってるだけなのに、妙に艶かしい。なんか見てはいけないものを見てしまったかのような気分(笑)」と大好評。

それもそのはず、今回のツアーパンフレットの写真を手掛けたのは、これまで多くの有名人たちのポートレートを撮影してきた、フォトグラファーのレスリー・キーさん。

SMAPや関ジャニ∞、嵐・大野智さんらのジャニーズタレントだけでなく、マドンナさんやレディー・ガガさんなど、海外アーティストも撮影している方です。

KinKi Kidsとレスリーさんは以前から交流があり、光一さんが主演を務める舞台『Endless SHOCK』の08年の公演で販売されたパンフレットにもレスリーさんが撮影した写真が使用され、好評を博していました。

そんなことから、「相変わらずレスリーの撮った光一くんは刹那的な美しさと壮絶な凄みが色濃く出てて好みすぎる」
「また撮影してほしいと思ってたからうれしい!」と喜ぶ光一さんファンや、

「撮影はレスリー・キーさん!どうりでカッコいいわけだ~」
「パンフの撮影レスリーさんなの?それはエロいはずだわ(笑)」と、納得するファンもいるようです。

また、6月9日~8月31日に行われた山下智久さんのコンサート『TOMOHISA YAMASHITA THE BEST LIVE TOUR 2016 FUTURE FANTASY』で、ジャニーズとして初めてグッズ販売会場でクレジットカード決済ができると話題になっていましたが、『We are KinKi Kids ~』でもカード決済が可能になったようです。

他のグループでも導入を期待する声が上がっており、グッズ購入しやすくなりますね(*´з`)

いよいよ始まる20周年コンサート。

一体どんなステージを見せてくれるのか、20年目のKinKi Kidsを楽しみにしたいです。

スポンサーリンク