【Kis-My-Ft2・玉森裕太が語る!】「俺がセンターだって自覚と覚悟はあります」

ジャニーズアイドルには、“センター”と呼ばれ、グループの中心的存在を担うメンバーがいます。

スポンサーリンク




デビュー後にメンバー入りした玉森のポジション

今年デビュー5周年を迎えたKis-My-Ft2は、デビュー前は北山宏光さん&藤ヶ谷太輔さんが“2TOP”としてグループを牽引する形をとっていたが、デビュー後はここに玉森裕太さんが入り、センター役を務めることが増えています。

しかし、3月22日に発売された「週刊女性」によると、SMAP解散騒動でジャニーズのマネジャーの体制が変わったことにより、「センターを張っていた玉森に代わり、藤ヶ谷を推していく」方針を取るのではと報じられ、ファンの間で話題となっていました。

そんな中、玉森さんが7月23日発売の「Myojo」2016年9月号の「ジャニーズ10000字ロングインタビュー『STAND BY ME ~いつもそばにいてくれたね。~』」に登場し、キスマイのセンターについて自身の考えを述べています。

インタビュアーから「キスマイのセンター、エースって誰だと思ってる?」という、単刀直入な質問を投げかけられた玉森さん。

「その質問……」と困った様子を見せるが、「でも、うん、俺だな。俺です。俺がセンターだって自覚と覚悟はあります」と明言しました。

「デビューして、センターに立たされたとき、“そういうことか”って思いました。
難しい位置だし、それこそ、デビュー当初、ドラマもバラエティーも、1発目は俺からってことも多かったんで。
“試されてんな”って」と、デビュー当時をふり返り、複雑な心境の中で“センター”の役割を務める覚悟を決めたと語っています。

その覚悟は、7月23日~24日にかけて放送された『FNS27時間テレビフェスティバル!』で、Hey!Say!JUMPと熱い対決を披露した「『いただきハイジャンプ』×『キスマイBUSAIKU!?』超合体フェス!」の中でも現れていました。

「カッコいいシャワーの浴び方」で第2位を獲得した玉森さんは、収録前に必死で腕立て伏せをし、「ちょっとでも(筋肉を)大きくしておこうと思って。JUMPに負けられねえから!」と息巻いていました。
また、スタジオでの「生キス対決」では第1位を獲得し、キスマイの勝利に貢献。センターとしての気合いと、大事なときにしっかりと決める勝負強さを見せてくれました。

ロングインタビューでも、「“俺ががんばんないと、みんなにつなげられない”って思ってた。
結果を残さないとって。今もその気持ちはあります」と語っており、
『27時間テレビ』で見せた玉森さんの活躍は、“センター”の責任と自覚がもたらしたものだったようです。

スポンサーリンク




ファンの声援続々

「玉森くんがセンターに立つ度に、私は1万字の玉森くんの言葉を思い出すんだろうなあ」
「センターの自覚と覚悟を見て、改めてこれからもずっと応援していきたいと思った」
「キスマイのエースは玉ちゃんだよ! がんばって!」
と、ロングインタビューを読んだファンは、玉森さんの言葉に感動し、ネット上では温かい声援を送っています。

普段はほのぼのとしている印象が強い玉森さんですが、内面では葛藤し、努力し続けてきたことがわかった今回のインタビュー。
今後も成長し続けるであろう、玉森さんの活躍に注目ですね(*´з`)

キスマイ・ロゴ1

スポンサーリンク