【Kis-My-Ft2・玉森裕太&藤ヶ谷太輔】コンサートでやる気のない表情だった理由とは?

8月14日まで行われていた、Kis-My-Ft2のドームツアー『Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR 2016 I SCREAM』。

スポンサーリンク




宮田のオタクソングが大盛況

同ツアーは、6月22日に発売した新アルバム『I SCREAM』の収録曲をメインに構成し、メンバー7人がそれぞれセルフプロデュースを行ったソロ曲が目玉のひとつとなっていました。

なかでも、宮田俊哉さんがセルフプロデュースを務めた「ヲタクだったってIt’s Alright!」は、本人が以前から楽曲提供を熱望していたヒャダインこと前山田健一氏が作詞作曲を務め、ミュージックビデオではお笑い芸人でイラストレーターの鉄拳が書き下ろしたパラパラ漫画のアニメーションが使用されるなど、アルバム発売のころから話題となっており、コンサートでも大盛況。

同曲のパフォーマンスは、宮田さんとジャニーズJr.内ユニット「Snow Man」の佐久間大介さん、阿部亮平さんがメインで、途中からKis-My-Ft2メンバーが合流するサプライズが用意されていました。

実際に7月1日の京セラドーム大阪公演では、横尾渉さん、藤ヶ谷太輔さん、北山宏光さん、玉森裕太さんが登場。

宮田さんが「玉もやりたかったのかー?」とうれしそうに話しかけるも、玉森さんは「ちょーやりたくねぇー」と嫌そうな顔をして踊っていました。

しかし、翌日2日に同会場で行われた2日目公演では、玉森さんが「オレ、この踊りが1番やりたくない」と言いながらも、1番激しいヲタ芸を披露していたようです(笑)

宮田さんに対する玉森さんのツンデレは恒例だが、今回に限っては事情があったようです。

スポンサーリンク




玉森&藤ヶ谷の独自ルール!?

その真相を、「月刊ソングス」2016年9月号で明かしています。

実は宮田さんのソロを披露する際に、玉森さんと藤ヶ谷さんの間であるルールを作っていたということです。

藤ヶ谷さんが「宮田のソロ曲が、すごく盛り上がるんですよ。すごく楽しい(笑)」と語ると、玉森さんが「俺も(笑)」とライブとは真逆の反応を示し、藤ヶ谷さんは「俺と玉で、毎回、今日は何%の力を出すって決めてるんですよ(笑)。
今日は45%っていう日もあれば、160%の日もあって、160%の日は、宮田より激しく踊ってます(笑)」と、日によってパフォーマンスに緩急をつけていたのだとか。。。

また、藤ヶ谷さんは「最初、宮田は“ガヤさん(藤ヶ谷)はクールな感じでやってほしい”って言ってたんですよ。
それで初日はそうしてたんですけど、何かハメられたなと思って(笑)。
クールにしてるとすごい浮くんです(笑)」と話していました。

そのため、「お客さんに、藤ヶ谷、普通にやりたくないんだって取られちゃいそうだった(笑)。
それで、玉と、何かクールは違ったねって話して、じゃあ、もう逆に160%の力を出して行こうって」と、ルールを作った経緯を明かしていました。

実際には、ライブ中には仕方なさそうな反応をしていたが、内面ではとても楽しく踊っていたという玉森さんと藤ヶ谷さん。

同ツアー中、何度も会場に足を運んだファンは、日ごとに異なる彼らのヲタ芸ダンスが見れているということですね(*´з`)

スポンサーリンク