【NEWS・加藤シゲアキが涙】関ジャニ∞・錦戸亮への複雑な心境吐露

NEWSの加藤シゲアキさんが、7日放送の日本テレビ系「チカラウタ」(毎週日曜17:00)にゲスト出演されました。

スポンサーリンク




加藤シゲアキの苦悩「誰でもいい、すらに入っていない」

番組内で加藤さんは、2011年10月にグループを脱退した元メンバー、関ジャニ∞の錦戸亮さんへの複雑な思いを明かし、涙する一幕がありました。
ジャニーズJr.時代に組まれていたユニットの中から選りすぐりのメンバーで結成されたNEWS。
しかし加藤さんは、自身を「補欠扱い」だったといい、「ちょっとした番宣とか、誰でもいい仕事を『じゃあ僕がやります!』って言っても『加藤はいいや』みたいな、誰でもいい、すらに入っていなくてだんだん情緒不安定になっていった」と当時を振り返りました。

きっかけは二宮から?

周りから思われている自分と自身が思っている自分との差にもがき苦しみ、個人活動も盛んになって来たグループを俯瞰で見ていた加藤さんは「このままじゃやばい」と危機感。
嵐の二宮和也さんが、自らオーディションを受けたいと行動に出ていたことを知り、それまで「行動したことがなかった。来たものを受け入れているだけだった」と語った加藤さんは、「書くことだったらジャニーズの誰よりもやって来たかもしれない」と事務所に告げ、「これが達成できないと一生自分は変わらないし、何者にもなれない」とわずか1ヶ月で処女作となった著書「ピンクとグレー」を書き上げたとのこと。

スポンサーリンク




錦戸亮とは「しばらく会えない」…複雑な心境吐露で涙

フラワーカンパニーズの楽曲「深夜高速」が加藤さんの支えになったようだが、その曲は錦戸さんも聴いていたといい「今は別グループになってしまいましたけど、あの時一緒にいた時間はいい思い出」と当時を懐かしみながら回顧。
「錦戸くんと僕はわりと趣味が合ったけど、僕は反骨心で『好きだけど嫌いに思おう』みたいな複雑な心理だった」と脱退後の錦戸さんへの思いも明かしていました。

そんな錦戸さんと、丸山隆平さんを介して飲みの席で再会した際に「お前が本を書いたのは本当に嬉しい。でももっと頑張れ、誰よりも頑張れ」と言われたという加藤さん。
「それがすごい嬉しかったんですけど、ずっとおしぼりでこうやって泣いていた。っていうのがあって、この人とはまだしばらく会えないなって(思った)」と涙ながらに告白していました。

しかし、NEWSは6月に放送されたNHK BSプレミアム「ザ少年倶楽部プレミアム」(毎月第3水曜20:00)で、錦戸さんを含めた関ジャニ∞と面と向かっての初共演が実現。
小山慶一郎さんは「あぁいうテンションで亮ちゃんと目を合わせるって、今までなかった。それまでは歌番組で会っても挨拶することはなく、改めてちゃんと喋った。お互い大人になって、尊重できるようになった」と感慨深げに話し、加藤さんも「この間会った時は、すごい嬉しかったですね」と様々な出来事を経ての錦戸さんとの共演を、噛み締めるように振り返っていました。

加藤さん、今だから言えるんでしょうね。
「ピンクとグレー」本当に素敵な作品です(*´з`)

スポンサーリンク