【NEWS加藤シゲアキ&Hey! Say! JUMP・伊野尾慧】SMAPの解散についてコメント

14日にSMAPが今年の12月31日をもって解散することを発表した報道を受け、19日放送の情報番組『白熱ライブ ビビット』にて金曜レギュラーを務めるNEWSの加藤シゲアキさんがコメントしました。

スポンサーリンク




「どんなことになっても先輩についていきたい」

加藤さんは「偉大な先輩と比較していいかわからないですけど」と前置きしつつ、
「僕らNEWSも色々な危機があって、続けることの難しさは実感してきたので、それが第一線のSMAPだったらなおのことなんじゃないかなと思います」と数度のメンバー脱退を経て活動を続ける自身の経験を重ねていました。

「僕らが受けた影響や僕がここにいるのもSMAPのおかげだと思っているので、『お疲れ様です』って労をねぎらいたい気持ちと、『いや、でもどうして…』って思ってしまう自分がまだいるような状況」と率直な心境を吐露し、「でも、どんなことになっても先輩についていきたいし、先輩を尊敬する気持ちに変わりはないと思ってます」とSMAPメンバーへの思いを明かしていました。

「これからも背中を追い続けていきたい」

また「めざましテレビ」の木曜レギュラーを務めているHey! Say! JUMPの伊野尾慧さんも18日放送回にてコメントしています。

番組では、メンバー全員がそろう唯一のレギュラー番組「SMAP×SMAP」も年内で終了することが17日に発表され視聴者の間で悲しみの声が広がっていることを紹介。
軽部真一アナウンサーが「(解散後も)一人一人5人の先輩には頑張ってもらいたいよね」と話を振ると、伊野尾さんは真剣な表情で「偉大な先輩なので、これからも背中を追い続けていきたいですね」と語っていました。
また伊野尾さんは解散発表を受け、「僕も報道を知ってまず最初に驚きが隠せなかった」と率直な気持ちを告白。
「物心ついたときからテレビで活躍されていて、歌も大好きで後輩であると同時に1人のファンとして寂しい気持ちですね」と胸の内を明かしました。

後輩にも大きな影響を与えているSMAPの解散報道。
世間からはキムタクが悪者!と言われているようですが、真実はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク