【Sexy Zoneが結成当時の心境を赤裸々に明かす】「メンバー違くない!?」「正直喜べなかった」、

2011年にデビューしたSexy Zoneは、今年11月16日でデビュー5周年を迎えます。

それに合わせて、デビュー日にはベストアルバムのリリースが発表されており、ファンの間ではじわじわと祝福ムードが高まりつつあるようです。

スポンサーリンク




不安の方が大きかった

そんな中、10月7日発売の「duet」2016年11月号(ホーム社)のインタビューで、デビューが発表された「2011年9月29日」をメンバーがそれぞれ振り返っています。

頭が混乱したと明かしているのは、松島聡さんとマリウス葉さん。

ともにジャニーズ事務所へ入所してから数カ月でデビューしている“シンデレラボーイ”。

松島さんは「事務所に入ることが人生最大の夢で、その夢がかなったばかりだったから、CDデビューって言われても、頭が真っ白」と、早すぎる展開に驚いていたようです。

ドイツ出身のマリウスさんは、ちょうど日本に引っ越したタイミングでデビューを告げられ、「『日本に来たばかりなのに、これからどうなるの!?』って、不安のほうが大きかった」と、正直な気持ちを明かしています。

「当時の自分を振り返ると、最悪だったと思うよ?」と驚きの発言をしたのは、佐藤勝利さん。

松島さんやマリウスさんのように、佐藤さんも入所してから1年経たずにデビューを告げられています。

「とにかく経験が浅すぎた。だってオレ、あのときまだジャニーズ歴11カ月くらいで、下積み期間がないんだもん」と冷静なコメントだが、「あのころの自分を魅力的に思うこともあるんだよね。不思議だけど」と、独特な感性で思い出を語っていました。

スポンサーリンク




B.I.Shadowの解体で…

そして、「2011年9月29日」をもっとも複雑な思いで過ごしたメンバーが、中島健人さんと菊池風磨さん。

2人はジャニーズJr.時代に、松村北斗さん、高地優吾さんとともに「B.I.Shadow」というユニットを結成していました。

オリジナル曲も作製され、中山優馬さんとともに結成されたユニット「中山優馬 w/B.I.Shadow」で、2009年にCDデビューも果たしています。

しかしその後、中山さんはHey! Say! JUMP・山田涼介さん・知念侑李さんとともに「NYC」を結成。

11年にSexy Zoneがデビューするとともに「B.I.Shadow」は事実上の解体となってしまいました。

現在、松村さんと高地さんはJr.内ユニット「SixTONES」のメンバーとして活動しています。

そんな紆余曲折を経験した2人からは、当時の複雑な心境が語られています。

中島さんはSexy Zoneとしてデビューすると聞かされ、「喜びもあった」としながらも、「でも、メンバー違くない!?」と疑問を抱いたのだとか。

「プラスとマイナスの感情を抱えていた」と当時の気持ちを率直に振り返っているが、「いまは、プラスの気持ちしかないよ。デビューはゴールじゃなくて、スタートだからね」と、現在はSexy Zoneとして前を向いているようです。

そして菊池さんはさらにはっきりと、「『この5人でデビュー』って言われたときは正直喜べなかった」と明かし、「B.I.Shadowってグループでいっしょだった中島以外の3人のことはよく知らなかったから、とまどいが大きかった」と打ち明けています。

しかしそんな菊池さんも、7月30日~8月29日に行われたコンサート『SummerParadise2016』内のソロ公演「風 are you?」にて、「小さいころは嵐になりたかった」と、“憧れの先輩”である嵐・櫻井翔さんを思わせるコメントをし、「でも今はその夢も少し変わりました。今は、(多くの人に憧れられるような)Sexy Zoneになりたいです」と、熱い思いを語っていました。

デビュー当時は複雑な思いを抱えていた中島さんと菊池さんも、5年という月日の中で「Sexy Zone」の大切さを改めて実感しているようです。

節目の年を迎え、ますます結束力が高まった彼らが、今後どのように羽ばたいていくのか注目ですね!(^^)!

スポンサーリンク