【Sexy Zone中島健人が衝撃告白!】「正直、昔のマリウスは嫌いだった」

11月16日にデビュー5周年を迎えたSexy Zone。

11月発売の各雑誌の表紙を飾り、CDショップではベストアルバム『Sexy Zone 5th Anniversary Best』が華々しく展開されており、まさにお祝いムード一色です。

スポンサーリンク




メンバーの本音企画で…

Sexy Zoneが表紙を飾った雑誌のひとつ「QLAP!」2016年12月号(音楽と人)では、彼らが巻頭インタビューに登場。

「5周年を迎えた今だから言える…メンバーへのありがとう」というテーマで、メンバー一人ひとりが全員に向けて本音を明かしています。

最年長である中島健人さんは、最年少のマリウス葉さんに対し、一見するとキツイ発言も。。。

中島さんは「正直、ナヨナヨしてた昔のマリウスは嫌いだったし、仕事で右往左往する姿を見て、もっとできるはずなのにって歯痒く感じてた」と、当時の心境を明かしています。

しかし現在では、「でも彼は彼なりに考えて、ちゃんと意思表示ができるようになったね。本当に成長した」と、中島さんが1番彼の努力を認めているようでした。
 
デビュー当時、わずか11歳だったマリウスさん。

昔は“泣き虫キャラ”が定着していたことを振り返りつつ、「昔はオレがイタズラしてよく泣かしてたけど、最近は泣かなくなったな~」(菊池風磨)、

「昔は泣き虫だったけど、この5年で精神的に強くなったね」(松島聡)と、

他のメンバーも小学生から高校生になった彼の成長を大いに感じているようです(*´з`)

メンバー5人の中でも最も成長を感じさせたのと同時に、これからの活動に対する彼への期待値も最も大きいみたいで、

同誌では、「今後はSexy Zoneで英語の曲をやりたいと思ってるから、マリウスにもたくさん歌ってほしいね」(菊池)、

「いずれは海外での活動もできたらいいし、そのときには絶対マリウスの語学力を頼ることになるから」(佐藤勝利)

といったコメントが載せられており、チームを引っ張る存在としても頼りにされているみたいでした。

3カ国語を操るマリウスさんは、ジャニーズの若手の中でも逸材。

まだまだ菊池さんと中島さんを「お兄ちゃん」と呼ぶ甘えん坊キャラは抜け切れていないが、彼の能力がこれから存分に生かされていくでしょうね。

まだ10代、現役高校生のマリウスさんの飛躍はこれからです!期待してます!(^^)!

スポンサーリンク