木村拓哉主演の映画「無限の住人」ビジュアル公開!「大爆死確定!」の声がちらほら…

来年GWに公開予定のキムタク主演映画「無限の住人」のビジュアルが公開されましたが、ネットでは「絶対、見ない」「大爆死確定!」といった否定的な声ばかりが飛び交ってしまっているといいます。

スポンサーリンク




人気コミックが実写化

同映画は江戸時代を舞台にした同名の人気コミックが原作。

キムタクが演じるのは“百人斬り”の異名を持つ男・万次役で、無敵ともいえる凄腕を見込まれ、杉咲花さんが演じる少女・浅野凜の用心棒として雇われるというストーリーですが、公開前から話題になっているのが主人公のビジュアル。

万次は正義心から犯した殺人の罪で追放され、やがて不老不死となる全身傷だらけの隻眼の剣士で、これまで二枚目ヒーローばかりを演じてきたキムタクのイメージとは「合わない」との声があがっていました。

[以下引用] 今年1月にSMAP解散危機が報じられた際、木村は他のメンバーが独立を画策する中でただ1人、ジャニーズ事務所残留を土壇場で表明して以来、ずっと「裏切り者」と批判されてた。

そのため、ネットでは

「SMAPを守れなかったのに、無敵の用心棒役をやるの?」
「お世話になったマネジャーや他のメンバーを見捨てて、メリーに寝返ったくせに」
「杉咲花よりもSMAPを守ってよ」などと揶揄する声が寄せられてしまっている。

また、原作に忠実な、生々しい刀傷が刻まれ、独眼という、中々にショッキングなビジュアルに関しては、

「劣化隠しにはもってこい?」
「解散騒動で憔悴しきった顔を隠すため?」などと指摘する声も少なくない。

※ストレスで激ヤセ?とも言われてました。

「さらに、ビジュアル解禁と同時に木村が殺陣を披露するシーンも公開されたのですが、2006年に公開された映画『武士の一分』で披露した時よりも、『キレがなくなった気がする』と指摘され、体調面を心配する声も寄せられてしまっているようです」
(芸能関係者)

『無限の住人』には、木村と対峙する悪役として、福士蒼汰が出演しているのだが、「福士の方が、原作の万次のビジュアルに近くないか?」「福士を主役にした方が集客力あるのでは?」などといった声も囁かれてしまっている。
[おたぽる]

んー。。。
ひどい言われようですね。

そんなにビジュアル悪くなかったですけど。。。

SMAP解散の余波で完全に悪者扱いですね(´・ω・`)

[以下引用] 「ビジュアルを見ると、確かに顔の傷以外はいつもの“キムタク”そのもの。

今にも『ちょ、ちょっと待てよ』とお約束のセリフを言い出しそうです」
(映画ライター)

傷の特殊メイクが安っぽい点も不安を加速させている。
キービジュアルの傷は痕が盛り上がっているのだが、「傷はへこむものではないのか。へこませる特殊メイクは時間も金もかかるが、盛り上がらせるのは簡単。安く済ませようとしているのではないか」という指摘も飛び出し、完成度が心配される始末。

「さらに、監督が『テラフォーマーズ』という失敗例のある三池崇史監督であるのもファンをやきもきさせているようです。

『テラフォーマーズ』は『進撃の巨人』ほど批判されることはありませんでしたが、それはファンがそれほど熱くないからです。

では『無限の住人』はどうかというと、『進撃』や『ジョジョの奇妙な冒険』よりも熱心と言っていいでしょう」
(漫画誌ライター)
[アサ芸プラス]

顔の傷まで、さらには監督までもディスられていますが、管理人は原作も好きなので絶対観たいと思います!(^^)!

スポンサーリンク