【関ジャニ∞・大倉忠義と吉高由里子が結婚!?】SMAP解散でジャニーズ事務所が交際に寛容になっている?

先月末、7月発売のフライデーで報じられた吉高由里子さんとの交際について、改めて「友達です」と否定コメントを出した大倉忠義くん。

しかし、ここ最近のジャニーズ事務所の“弱体化”により、二人の結婚が認められる可能性が出てきたといいます。

スポンサーリンク




オープンな性格だからバレちゃう?

[以下引用] 現在、関ジャニはニューシングルのリリースに加え、5大ドームツアーも控えている。

またレギュラー番組の出演なども含めると、多忙を極めている状態だ。

そんな中の今回の交際否定は、熱愛報道に足を引っ張られたくないという意図が大倉にあったのかもしれない。

また、ファンやマスコミの詮索を防止するための最善策だという判断でもあったのだろう。

一方、吉高も忙しい日々が続いている。先日に、来年1月から放送されるドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)での主演が決まっている。

久しぶりのドラマ出演が決まった本作は、吉高にとって2年3ヶ月ぶりの連続ドラマ出演となる。

「最近では、打ち合わせでも下ネタを挟んだりするなど、もともとのオープンな性格にさらに拍車がかかっているようです。
またスタッフとの飲みの席では、吉高自ら大倉との関係を暴露していたりしているとか。
関係者の中では“破局していない”と認識しているようです」
(芸能プロ関係者)

朝ドラ『花子とアン』以降、女優活動をセーブしていた吉高であったが、熱愛報道をすっぱりと否定した大倉に対し、吉高はごきげんな様子を見せているようだ。

そんな吉高との付き合いが長いスタッフからは、精神の不安定さが指摘されているという。

「以前交際が囁かれていた、ロックバンド・RADWINPSのボーカルである野田洋次郎さんの時は、失恋が原因で休業していたとも言われるくらい、明らかにトーンが違ったようです。

こうした不安定な部分は仕事だけでなく、彼女のTwitterなどにも顕著に表れていますし、いわゆる“恋愛体質”な女性なんでしょうね。

もともと抽象的な内容が多い吉高のTwitterですが、破局後はさらにネガティブな表現が目立っていたと言われています。

こうした吉高の気持ちを安定させるためには、いっそ大倉との結婚しかないのではないかという声もあるようです。

周囲のスタッフ達にとっては、むしろ結婚して落ち着いてくれというようにも聞こえそうですが」
(前出・関係者)

一連のSMAP解散騒動以降、芸能界にはびこっていた“ジャニーズ圧力”も、最近では弱体化の一途を辿っているという。

それは、今までにはあり得なかったジャニーズタレントの女性問題が多数報道されていることから読み取れる。

一部では結婚に関しても、かなり寛容になっているとのウワサも。

今回、一応は否定した大倉だが、時期を見計らったころに、双方から重大発表がされる可能性はあるかもしれない。

[デイリーニュースオンライン]

ちょっと前には大倉くんが友達宣言をしたのは、吉高さんの女性受けがあまり良くないため、ファンの心情を考慮した、なんていう話もあったのに、今回は真逆なんですね。

★【関ジャニ∞・大倉忠義】吉高由里子との熱愛を否定したのは「あの趣味」のせい? 「なんであんな女と」の声が増えた理由とは?の記事はコチラから

スポンサーリンク




吉高のTwitterも話題に

つい2日ほど前には、吉高さんがアップしたTwitterも意味深だということで話題になっていました。

大倉くんが吉高さんとの交際を否定したあとに、“関ジャニ∞・大倉忠義が熱愛否定も…吉高由里子は、飲みの席でピロートークを全部暴露「昨日の夜はこうだった」”というサイゾーの記事が出ていたので、このことを否定したのかもしれません。

ていうか、サイゾーの記事はあくまで噂話レベルですからね(´・ω・`)

にも関わらず反論するって、大倉くんのためにも、自分をだらしないオンナとして評価されたくないという女心なのかもしれませんね。

また、ジャニーズが結婚に寛容になっているということの真偽は別にして、精神的に不安定な吉高さんを抱える所属事務所アミューズからすれば、もしかすると結婚して落ち着いてくれという気持ちもあるかもしれません。

でもジャニーズと結婚するといろいろと吉高さんの活動に制約が加わることは、どう考えているんでしょう。

大倉くんと結婚しても、東山紀之さんの妻・木村佳乃さんのようにはいかないでしょうから、瀬戸さんや工藤さんのように開店休業状態になる可能性も高いです。

それではアミューズ的にも困るでしょうし、結婚するならジャニタレ以外を希望してるのではないでしょうか。

とりあえずこの二人の結婚はないんじゃないかなあと思いますけど、とりあえず気になったので記事にしてみました。

スポンサーリンク